賢い花嫁になる為に~節約の為にDIYを勧めない訳!

DIYは節約にならない理由とは?

結婚式を控えたお二人が、だいたいお式の2ヶ月位前になって、最終見積もりを見た瞬間、あまりの金額に全身血の気が引いてしまったという話は、本当に今までたくさん聞いて参りました。

私の所にご相談に来られる方の半数は、このような方々です・・・。

覚悟していたけれども、これほどまでに金額がアップしてしまうなんて思いもしなかったと言う現実。

そこで、皆さんの節約に向けてのプロジェクトがスタートするわけです。

昨日もご紹介しましたが、とにかく節約は、持込できる物はできるだけ外注するという方法が一番の近道です。

しかし、それを知らずに、とにかく手作りで何とかしよう!という方が多くいらっしゃいます。自分で作れば、材料代だけで済むという理由からです。

これが大きな間違いなんです。

まず、材料代ですが、一般の方が購入する場合は、文具だと東急ハンズ、お花だとユザワヤさんなどに行って揃える事が多いと思います。まず、この材料を決めるのに、交通費をかけて何回も店を往復したり、ネットで検索をして、莫大な数のサンプルの中から、探し出すと言うのは、本当に大変ですし、ものすごく時間がかかります。
皆さん寝る間も惜しんでやっています。ご新郎様が協力的なら良いのですが、だいたいこの年齢の男性は闇雲に働かされる時期でもあり、仕事が忙しく、なかなかしたくても協力できない。

最近はご新婦様のほとんどがお仕事をなさっています。仕事と、結婚式の準備、更にこのDIY作業となれば、ストレスも計り知れない物になります。些細な事から、二人で喧嘩勃発なんて事もしばしば・・・

そんな膨大な時間とストレスを重ねたとしても、素人の方の出来る事は限られています。

ペーパーアイテムなども、今はウェディング専門の業者さんが多くあります。そちらに、だいたいの予算と、希望しているイメージ、式場の雰囲気、など具体的な事を伝えれば、逆にいくつかそれに合ったスタイルのものを提案して下さいます。その中から選べば、間違いありません。

 

お花のアイテムも、ウェルカムスペースや、小物などを手作りなどなさる方も多いかと思いますが、きちんとした材料を仕入れて、膨大な時間をかけて作っても、もちろんプロには敵いません。その割りに対して安くなりません。

最近YouTubeなどで、100円ショップのアイテムで簡単手作りアイテム!などという動画がアップされていますが、正直、結婚式の受付にこれを置くのは、あまり・・・、と言いますか、できれば・・・、知り合いだったら、絶対・・・お勧めしません。

アーティフィシャルのお花は値段に比例します!断言します!!

費用対効果という言葉があるようにそれに見合うだけのメリットがあれば良いのですが、あまり期待できないのが現実です。

手作りが大好きで、どうしてもDIYをなさりたい方は、プロの方にレッスンを受けてお作りする事をお勧めします。

こちらは、お二人が、手作りなさったお湯のみを、私がラッピングさせていただきました。ちょうどお式が4月で桜が咲く時期。式場は横浜の八景園という、和庭園の美しいところでしたので、その雰囲気に合わせて、和風にラッピングさせていただきました。

このようなご提案も、させていただきますので、どうかプロに頼って下さいね!